骨粗鬆症と関節痛の総合情報サイト
richboneロゴ
簡単カルシウム料理レシピ
カマスの木の芽焼
お魚は骨が嫌われるようですが、カマスなども仕上げ方しだいで食べやすくなります。日本料理の知恵をおおいに活用してください。
カマスの木の芽焼き


ワンポイント シェフからひとこと
  両づまりという串の打ちかたは長さのある切り身などに良く使われる方法です。
といった形になります。
材料
(1人分)
・カマス:1匹
・A(煮切酒90cc・煮切みりん30cc・濃口しょうゆ30cc)
・木の芽:適量

▼1人分
・エネルギー 約308kcal
・カルシウム 約45mg
■1 カマスは頭を落とし、3枚おろしにする
■2 Aを合わせたものに1の身を2時間ほど漬ける。
■3 両づまりに串を2本打ち、弱火の遠火で両面を焼く。
■4 仕上げに残ったAの漬け地をかけ、2度かけ焼きする。
■5 木の芽を荒くきざみ、串を抜いた4にふりかける。

「うまいもの・まつおか」店主・松岡哲男 が教えます

松岡店主 写真 神宮外苑の銀杏並木の入り口、こだわりの和の味と食器、インテリアでさまざまなジャンルの人々に注目されている「うまいもの・まつおか」。厳選された素材とこの道30年を越える松岡さんの包丁の冴えに、日毎「うまいもの」を求める人々が集う。
●うまいもの・まつおか(東京・神宮外苑) TEL. 03-3479-5145



| RICHBONE | 簡単!カルシウム料理 |