骨粗鬆症と関節痛の総合情報サイト
richboneロゴ
簡単カルシウム料理レシピ
オイルサーディンとジャコのチーズ焼
下ごしらえ不要のオイルサーディンを使ってみました。材料を混ぜ合わせて焼くだけの簡単クッキングですが、仕上がりはこんなにオシャレです。



ワンポイント ワンポイント
  焼き時間は容器の大きさ(深さ)によって異なりますので、竹串など刺して確認してください。
ワンポイント ランクアップのコツ
  温かくても冷たくてもおいしいお料理です。つけ合わせの野菜は温かい場合は温野菜のサラダを、冷製の場合は冷たいサラダを添えてください。

バジリコのソースやドレッシングを添えると一層おいしくなります。
材料
(5〜6人分)
・オイルサーディン:70g
・じゃこ(またはしらす干し):40g
・ほうれん草(茹でたもの):70g
・じゃがいも(皮ごと茹でたもの):120g
・ピザ用チーズ:130g
A(卵3個・生クリーム140g・牛乳40cc・塩、コショウ、ナツメグ各少々)

▼1人分
・エネルギー 約340kcal
・カルシウム 約278mg
(ソース・付け合わせの野菜を除いて)
つくりかた
■1 チーズは粗いみじん切りにし、Aの材料を全部加えて和える。
■2 オイルサーディンは油を切ってぶつ切り。ほうれん草もぶつ切り、じゃがいもは5ミリ角に切っておく。
■3 にじゃこも加えてにそっと混ぜ合わせる。
■4 耐熱容器にバター(分量外)を塗ってを流し入れ、180度のオーブンで30分程度焼く。
■5 適当な大きさに切りわけ、野菜サラダを付け合わせる。


「オーベルジュ・ド・スズキ」シェフ・鈴木喜代司 が教えます

鈴木シェフ 写真 成城学園前南口からひと足の閑静な住宅街。知る人ぞ知る「オーベルジュ・ド・スズキ」は、その名のとおり1軒家のレストラン。フランスの一流店で修行を積んだオーナーシェフ・鈴木の創る「本物の味」を求めて、近所はもとより遠くからもファンが訪れる。

●オーベルジュ・ド・スズキ(東京・成城) TEL. 03-3417-9119



| RICHBONE | 簡単!カルシウム料理 |