骨粗鬆症

カルシウムに強くなろう!

カルシウムは働きもの

カルシウムは骨となってからだを支え、内臓を守るばかりでなく、生命維持のためのさまざまな働きをしています。からだの中のカルシウムの99%は骨や歯に含まれていますが、残りの1%は血液や体液の中に含まれており、特に血液中のカルシウムは常に一定の濃度に保たれて、わたくしたちのからだの機能の順調な働きを守っているといわれています。心臓を規則正しく動かせたり、筋肉を収縮させたり、血液の固まるのを助けたり、あるいはイライラを鎮めたり、集中力を高めたり……体内で大活躍しているわけです。

カルシウムは不足しがち

ところがカルシウムは人間が自分のからだの中でつくることはできません。食べ物から摂ることで、使った分を補ったり、貯えたりするしかないのです。ですからカルシウムをたっぷり摂れば骨にも十分貯えられますが、逆に足らないと、不足分を補うために今まで骨に貯えられていたカルシウムが血液中に出ていってしまうということになります。これが高じると骨がスカスカになってしまうわけです。
カルシウムが多く含まれている食品たち

カルシウムは牛乳、チーズなどの乳製品はもちろんのこと、豆腐などの大豆製品、骨まで食べられるような小魚類、緑黄色野菜などに多く含まれています。これらの食品をたっぷり摂ってカルシウム不足にならないよう気をつけましょう。カルシウムは骨粗鬆症の予防ばかりでなくからだ全体のスムーズな働きに欠かせないのですから。
(監修/和田誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長)
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai