骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
牛乳は大嫌い。でも骨粗しょう症が心配です。どうすればいいでしょうか?
答え
まず、あなたの体重がどのくらいかということが影響します。できれば骨量を測ってみるといいのですが……。若い方でも非常に痩せていると骨量が低いことがあります。まず普通の食生活を営んでいる方で、著しく痩せているわけでなければ、たとえ牛乳が嫌いでも骨量は比較的保たれていることが多いです。
カルシウムは牛乳などの乳製品のみからとるわけでなく、色々な食物からとることができます。例えば大豆製品や小魚、桜エビなど。牛乳は嫌いだけれどもワインとチーズは大丈夫という方もいらっしゃいます。1日の必要カルシウム量として日本では600mgを推奨していますが、若い方ですと800〜1,000mg程度とっても良いと思います。自分が1日にどの程度カルシウムをとっているかをチェックして、牛乳が嫌いでも他の食品でカルシウムをとっていただけたら良いと思います。
( 監修 / 和田 誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai