骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
母が70代です。骨量はどのくらいあれば良いのですか?
答え
実際には、70代後半になると大部分の人は骨粗しょう症の領域に入ってきてしまいます。骨折を防ぐという意味では、同年代の骨量で不足しているわけです。理想的には若年成人平均値の70%以上ほしいのですが、現実的にはなかなか難しいようです。ただ、数値やレントゲン写真でいうと骨粗しょう症になるけれども、それで病人であるなどとくよくよする必要はありません。骨密度は著しく低く骨粗しょう症と診断されるけれども、70代後半を迎えても1ヵ所も骨折していない方もおられます。1ヵ所骨折してしまうとその上下の椎体もさらに骨折しやすくなりますので、最初の骨折を防ぐように日常生活の管理を含めて気を配ることが重要です。40代から60代の人は良い老後を向かえるためにも、頑張って骨量を維持しておきましょう。
( 監修 / 和田 誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai