骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
骨量(骨密度)を測定したとき、測定部位によって異なるのはなぜですか?
答え
骨密度の測定にはX線や超音波などを用いたいろいろな方法があります。測定する部分も腰椎、橈骨(腕の骨)、大腿骨頚部、踵骨、中手骨(指の骨)などさまざまです。DEXA(デキサ)法と呼ばれるX線で測定する方法は、腰椎、橈骨(腕の骨)、大腿骨頚部などにつかわれ海綿骨の骨量をみることができます。中手骨(指の骨)はMD法と呼ばれる方法で測定されますが、これは皮質骨の骨量をみる方法で、以前はこの方法しかありませんでした。それぞれの部位の骨折のリスクをみるには、それぞれの場所が最も適切なわけですが、どこの施設でも全てがみられるかというと難しく、測定機械上の制約もあります。それぞれの部位での骨密度がもともと違っており、それぞれの骨折のリスクを設定するような形で基礎値が設定されていますので、測った値も当然異なるのです。
( 監修 / 和田 誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai