骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
人間ドックの結果が郵送されてきました。骨の判定は[A]になっていましたが、記されている骨塩量や骨塩量比といった値が[完璧なA]なのか[ギリギリのA]なのか不明です。計測方法や計測部位によって、計測値の意味が異なるかとも思いますが、代表的なものだけでも正常範囲等の数値を示していただけませんでしょうか。
答え
「骨塩量の基準値」で示したYAM(若年成人平均値,20−44歳)の70%未満を骨粗しょう症と診断し、70〜80%を骨量減少と判断します。人間ドックだと超音波法の可能性もありますが、検査成績が1定しないため注意が必要です。
( 監修 / 和田 誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai