骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
現在、米国在住ですが、pDEXA (PIXI骨密度)テストをしてもらいました。左の手首を測定してもらった結果、BMDは0.497g/cm2(平方), T-score(年齢層20-50)は+0.1でした。問題なしとのことですが、下記の骨塩量の基準値によると、私の数値は骨粗しょう症に入りますが、どう評価すればよいでしょうか。(前腕(橈骨)pDPX, YAM 0.527g/cm2(平方) 70%を参照しました)
答え
T-score(年齢層20-50)は+0.1であれば骨粗しょう症ではないと考えられます。機械ごとに基準値が異なりますのでご注意下さい。また多くは海外の機械はCaucasianを基準にしているのではないかと考えます。Asian Americanのデーターをもとにして評価すべきですが、主治医あるいは測定機器のメーカーに問い合わせるのが妥当かと考えます。
( 監修 / 和田 誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai