骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
十年前から、慢性関節リウマチを患っています。最近、骨密度を測定したところ、(腰部)正常値でした。が、違う病院で手のレントゲン写真から、「かなり、骨量が少なそう。」と予測されました。部位によって、骨密度が違うものでしょうか?手は、体中で、最も痛むのですが骨量と関係がありますか。
答え
関節リウマチでは炎症の強い部位近くで骨量が著しく減少する傾向がありますので、腰椎の骨密度が正常でも手は骨量が少ないといったことが見られます。このように痛む部位付近では骨量が減ることがあっても、全体的には骨粗しょう症なしといえるでしょう。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai