骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
最近運動不足を解消するためフィットネスクラブに入会し、週に2日ほど通っていますが、正座が出来にくくなりました。普段の生活は支障なく、痛みも感じませんが、正座をして立ち上がるとき、膝が固まったように重たく、鈍い痛みがあります。それほど熱心にフィットネスクラブでがんばっているわけでもないのですが、続けても良いでしょうか。
答え
正座が出来にくくなり、立ち上がる際に膝が固まったように重たく、鈍い痛みがあるとのことですが、これらの症状は階段を下りるときに痛む、と共に変形性膝関節症の初期に見られる典型的な所見です。変形性膝関節症は中高年といった加齢、肥満、使い過ぎ、などが原因となって生じます。肥満解消のための週に2回のフィットネスクラブ通いの後に症状が生じていますので、運動と無関係に変形性膝関節症が生じたとは言い切れません。肥満により膝関節の軟骨を痛めていたところに運動で大きな負担が加わって症状が表に出たものと推定します。
まだ、症状が軽いようですので変形性膝関節症もごく初期の段階であると考えられますので、膝関節に負担をかけないで筋肉を強化するようなメニューで訓練をすれば、痛みはむしろ減少すると考えます。もし、フィットネスクラブにプールがあれば泳ぐ、水中で体重がかからないようにしながら歩く、といったアクアエクササイズをすると効果的です。もし、プールがないようですと大腿四頭筋や股関節の外転筋を強くするエクササイズを行いますと膝関節の痛みは減少します。せっかく入ったフィットネスクラブを有効に使って、膝関節痛を治してください。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai