骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
運動器不安定症とはどんな病気のことですか。予防法はあるのでしょうか。
答え
運動器不安定症という病気は平成18年4月に誕生した病名ですので耳慣れない人が多いと思いますが、「高齢化により、バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態」と定義された病気です。
病気の診断方法としては背中が後や横方向に曲がっている、足に骨折が生じた後、骨粗しょう症、膝や股関節の変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症、脊髄や筋肉・神経の病気、関節炎、下肢の切断、長期間の臥床後、頻繁に転倒する、などの状態・病気になっている人や、以前になっていた人で日常生活がほぼ自立しているか、外出に介助を要する虚弱高齢者に対して運動器不安定症との病名をつけます。日常生活がほぼ自立か介助を要する虚弱高齢者とは介護保険制度では要支援か要介護1,2と認定された人に相当します。医療機関で虚弱状態であることを確かめる方法としては患者さんに目を開いて片足で立っていただき、15秒間以上立てなかった場合や椅子から立ち上がり3m先の目印を回って再び椅子に座るまでの時間が11秒以上かかる場合のいずれかが該当する場合と決められています。
このように整形外科を中心とした医療分野で虚弱な高齢者を診断して運動器リハビリテーションによりイキイキとした高齢者になっていただくことは21世紀の高齢社会で必要な医療として治療成果が期待されています。医療機関では筋力強化や関節の動きをよくする訓練により治療をしますが、予防はしません。しかし、活動的な毎日、散歩や軽い運動の継続は運動器不安定症の予防に役立ちますので自分で実行してください。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai