骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
67歳女性です。昨年の冬にヒールのあるブーツを履いたところ、ひざの裏がだんだん痛くなり整形外科を受診しました。その後、医師に教わった足あげ体操やウォーキングをやって、1週間ほどで痛みはなくなりました。最近、歩くときや階段を下りるときにひざの前面、お皿の少し下あたりが痛むようになりました。運動療法を続けていけば、この痛みも改善されるのでしょうか。
答え
ヒールのあるブーツでは常に踵が浮いてつま先立ち状態となるため、姿勢を保つためにふくらはぎの筋肉(腓腹筋)やひざを支える太ももの筋肉(大腿四頭筋、膝屈筋)に負担がかかります。加えて中高年の女性では脚の筋力が低下しているため、筋肉に負担がかかった場合、痛みを生じやすくなっています。この方の場合、腓腹筋もしくは膝屈筋に負担がかかったためひざの裏が痛くなったと思われます。また、階段昇降時などにひざの前面に痛みが生じるのは、大腿四頭筋や膝蓋腱(お皿の下の部分)に負担がかかって痛みが出たものと考えられます。その意味で、足挙げ体操などの筋力訓練やひざに無理をかけ続ける事を控えることは正しい対処法と言えます。しかし、症状が長引く場合(2〜3ヵ月)にはひざ関節の内部に他の原因がないかどうかを調べる必要があるでしょう。整形外科などの専門医に相談してください。
( 監修 / 大森 豪先生 : 新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai