骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
母が60代です。骨粗しょう症予防のためには、何をすればよいでしょうか。
答え
現時点での骨量にもよりますが、60代になってからでも骨粗しょう症の予防は大切です。骨粗しょう症で1番問題になるのは骨折しやすくなる、ということですので、食事や運動など日常生活に気をつけて、転ばないように注意することが必要です。さらにはご自身の骨量を測定し、適切な診断と治療を受けることが重要です。専門の施設に相談してみてはいかがでしょうか。
食事では、カルシウムの多い乳製品や小魚、豆腐類やビタミンDを多く含む魚、キノコなどの食品をとるように心がけましょう。
運動は、特別なことをするというよりも、日ごろから散歩程度で十分です。足腰が少し弱っている人には、無理なく動けるプールでの運動もお勧めです。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai