骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
骨粗しょう症予防のために毎晩30分くらい歩いています。ほかにも何か良いアドバイスはありませんか。
答え
骨粗しょう症を予防するために、骨に大きな負荷のかかる運動を繰り返すことは有効性が高まりますが、実用性の面では歩くのが有効かつ手軽な方法です。できれば昼間、外を歩きますと皮膚に日光を受けてビタミンDがつくられ、ビタミンDが骨を強くします。また、歩くことによって体力や筋力が鍛えられ、転倒が予防でき、ひいては骨折予防にもつながります。毎日、近所の友人の方々とおしゃべりをしながら楽しんで余裕をもって実行してみてはいかがでしょうか。雨の日には休む、週に2回は休息日を設けるなど、無理しないことが成功の秘訣です。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai