骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
55歳女性です。昨年閉経いたしました。先日骨量測定をしましたら、60歳代の骨年齢と判断されました。趣味でマラソンをしてます。月に200キロくらい走り、市民マラソンの大会にも出場しています。161センチ46キロ、貧血はありません。過度の運動はかえって骨量を減らすのでしょうか。
答え
質問者は55歳の女性で、骨量測定の結果が60歳代の人と同様の低さであったことから、毎月200km走って市民マラソン大会に参加するという輝かしいライフスタイルが骨量を減らしているのではないかとの心配されておられるようです。一般的に、運動は骨量を増やしますが、女子マラソンだけは異なります。女性にとって強いストレスが加わるマラソンの練習・競技により女性ホルモンの分泌量は減少して骨量を減らしてしまいます。とはいえ、質問者の方にとっては生涯にわたって楽しんで来られたマラソンの日課を急に止めますと身体面や精神面でマイナスの作用が現れそうです。質問者の骨量測定の結果は骨量低下を示すだけで、骨粗しょう症と診断されたり、精密検査が必要なために医療機関への受診を勧められていません。そのことから、今まで通り毎月200kmを走る、今後はカルシウムとタンパク質をよりたくさん摂る、などをして骨量が維持されるかを2〜3年毎にチェックされてはいかがかと存じます。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai