骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
登山が趣味の50歳代の男性です。膝痛のため整形外科を受診し、MRI撮影で膝蓋大腿関節症と診断されました。主治医からは運動を続けてよいと言われましたが、平地でのウォーキング、ジムでの低負荷でエアロバイクこぎ、自宅で膝まわりの筋トレを行っています。膝蓋大腿関節症を悪化させないための運動療法はどのようにすればよいのでしょうか?痛みの原因となっている軟骨損傷部位はこのまま悪化していく一方なのでしょうか?
答え
膝関節は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間の関節(大腿脛骨関節)と膝蓋骨(お皿の骨)と大腿骨の間の関節(膝蓋大腿関節)の2つの関節からできています。経年的な膝関節の変化である変形性膝関節症は両方の関節に起こりますが、主に大腿脛骨関節に生じ膝蓋大腿関節の発生頻度は低いと言われています。膝蓋大腿関節には膝の深い屈伸やジャンプの着地などで大きな負荷がかかります。ですから、平地でのウォーキングやエアロバイクこぎなどは問題ありませんが、筋トレ時には膝を深く曲げるスクワットなどは避けたほうが良いでしょう。また、プールでの水中運動もお勧めです。変形性膝関節症の進行は一般的には緩徐であり、膝蓋大腿関節症も無理をかけ続けなければ発症したからと言ってどんどん悪化していくことは稀です。あまり大きな心配はせずに日々の適度な運動や筋トレを続けながら様子を見てください。
( 監修 / 大森 豪先生 : 新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai