骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
50歳代になり、同い年の友人にひざの痛みが増えてきました。年代とひざ痛の関係はあるのでしょうか?
答え
50歳代頃から生じるひざ痛はひざ関節の軟骨がすり減り、関節にゆるみが生じるために関節の袋や靭帯が引っ張られて痛みとして感じる変形性ひざ関節症が原因の殆どであると言えます。人間は毎日、ひざ関節を使って生活をしていますので、中高年になりますと徐々に関節軟骨が減り、薄くなってしまいます。女性は更年期頃から女性ホルモンの分泌量の変化によって、体の中に脂肪が溜まりやすくなり肥満傾向が現れるためにひざへの負担が増し、関節軟骨の磨耗がすすみます。さらに、50歳代と言えばまだ十分な体力があり、活動的な毎日を送っていることもひざ痛が多い原因といえます。このように更年期の年代とひざ痛に直接的な関係があるわけではありませんが、女性ホルモンが及ぼす肉体的な変化と日常の活動性の高さからひざが痛みはじめる場合が多く見られます。60歳代、70歳代と活動量が穏やかになり体重増加がおさまると、ひざ関節の状態は同じであってもひざ痛の症状が軽くなることがあります。ひざの痛みが強いようでしたら、整形外科に相談に行き、ご自分のひざの状態を調べておくこともおすすめです。
( 監修 / 林 泰史先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai