骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
膝を曲げた状態から角度変えたり立とうとしたりするとき激痛が走り動かせなくなります。少しずつ伸ばして行くとガクッと音がなりその瞬間から痛みや違和感なく普通に動かせます。何ヵ月も出ない時や続けて出たりすることもあります。数年前にバイクで転倒してからです。普段は支障ないため今の所受診はしていませんが今後の事を考えると迷います。
答え
膝の関節の中には、クッションの働きをする軟骨や半月板、関節の安定性に関わる靱帯(前十字靱帯と後十字靱帯)、関節液を産生する滑膜など様々な組織があります。これらの構造物は、通常、膝関節の動きに伴ってスムーズに動きますが、何かの理由でその1部が損傷すると膝の動きの途中で関節内に引っかかることがあります。今回の質問では、恐らくバイクの転倒時に膝関節内の半月板が損傷して、その1部が引っかかって生ずる「ロッキング」という症状が最も考えられます。半月板のロッキングは突然強い引っかかりが生ずる事がありますので、整形外科の医師を受診の上MRIという画像の検査を行い正確な診断を受けることをおすすめします。
( 監修 / 大森 豪先生 : 新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai