骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
10歳男児ですが、右足親指の第一関節の下(付け根に近い方)が痛むようです。走ったりするときだけでなく、歩いているときも痛みがあるようで困っています。とりあえず湿布していますが、変化はないようです。何か処置方法があれば教えてください。
答え
足の親指の付け根(第一関節部分)の足裏側には「種子骨」という小さな骨が2つあります。種子骨には親指を曲げ伸ばしする力を有効に伝える働きがありますが、つま先立ちをする姿勢では地面との間に挟まり強く押されるようになります。ですから、運動により歩いたり走ったり飛んだりすることの繰り返しで種子骨にかかる負担が大きくなると痛みを生ずる場合があります。さらに、繰り返しの負担が大きくなると種子骨に骨折が生じ、突然強い痛みが出る事もあります。このお子さんの場合、まず、レントゲンで種子骨の骨折の有無を確認し、足親指にかかる負担を軽減する目的で激しい運動の1時的な制限と足裏パッドの使用が必要でしょう。また、偏平足を含めた足の形や走る時のフォームのチェックをする事もお勧めします。
( 監修 / 大森 豪先生 : 新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai