骨と関節のQ&A・用語辞典
質問
変形性ひざ関節症と診断されました。足を曲げるとひざの前でなくひざの裏側が痛くて正座ができません。ほかの病気でしょうか。
答え
ひざの裏の少し下の部位の痛みについてのご質問でほかの病気ではないとは完全には言い切れません。しかし、症状の全体像と病気の頻度から考えて変形性ひざ関節症の初期と捉えると95%は当たっているといえます。ひざの裏に水が溜まることもあり、筋肉が交差することもあり、少し曲がった状態で固まることも多くなります。変形性ひざ関節症の初期では、階段を下りる際に痛む、ひざの裏が痛んで長い間正座ができない、立ち上がった際にひざがこわばる、の3症状のいずれかを示します。自宅でのリハビリとしては、つかまって片足で立ち、ひざでバランスを取ることにより太ももの前の筋肉を強くする、サポーターで保温する、使い捨てカイロで温めるなどが有効と考えます。太り気味の方は減量しましょう。
( 監修 / 大森 豪先生 : 新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai