転倒・骨折・介護予防のために。転倒予防について

あなたは転びやすい?!自分を知ろう 〜体型・体格〜

あなたは転びやすい?まずは、自分の体をチェックしてみましょう。

体格指数(BMI)

さっそくあなたのBMIを計算してみましょう。現在の体重と身長を入れて下さい。なるべく実測して最近の値を入力してください。通常の場合は、身長を「m」単位で計算しますが、ここでの入力は「cm」ですのでご注意ください。例えば、身長1メートル54センチ、体重60キロの方は、身長欄に「154」、体重欄に「60」と入力してください。
     
 
BMI数値
 
※身長と体重を半角数字で入力してください。
 
身長(cm)
体重(kg)
あなたのBMI値は です。
 
     
     
 
あなたの体格は です。
 
     

ウエスト・ヒップ比

次に、あなたのウエスト・ヒップ比を計算してみましょう。現在のウエストとヒップの値を入れて下さい。脂肪のつき具合を調べるのでウエストは「おへそのライン」、ヒップは「おしりの一番太いところ」を正確に測ってください。そのため多くの人は通常よりも太いと感じます。どちらも単位は「cm」です。
     
 
ウエスト・ヒップ比
 
※ウエストとヒップは半角数字で入力してください。
 
ウエスト(cm):
ヒップ(cm):
男性 女性
あなたの値は です。
 
     
     
 
あなたのタイプは です。
 
     

タイプが『りんご型肥満』の方は要注意!

転びやすい人は転ばない人に比べて、体格指数・ウエスト・ヒップ比がどちらも大きい傾向にあります。ご自分のBMIとウエスト・ヒップ比の結果から、「肥満」「りんご型」と判定された『りんご型肥満』の人は、ほかの人に比べて転びやすいということです。
太ってきて体型が変化すると、だんだんと機敏な動きができなくなってきます。転ばないためのポイントとしては、自分自身のからだの形、しぐさ、動きなどに敏感でいることが重要です。


( 監修 / 武藤芳照:日体大総合研究所 所長、東京大学 名誉教授 )
協力:暮しの手帖社, 後援:日本骨粗鬆症学会 C yutakanahone-suishin-iinkai