骨粗鬆症

骨密度測定体験記

2002年8月2日
2回検査を受けた結果、あまり芳しくなく7月には再検査です。
(ヒロ江 さん)
きっかけは60歳になったので、結果は悪く直ぐ治療に入り治療中、その後2回検査したが結果悪く、この1月よりビスホスホネート製剤を新しく飲んでいます。7月に検査する予定です。どうすれば早く良くなるのか不安な毎日です。

●編集部より:気がつかないうちに骨量が減少してきたように、骨は徐々に増加していくため時間がかかります。このようなときには重たいものをもったり、転ばないようにすることが大切です。お薬と運動と食事で気長に楽しく治療をされてはいかがでしょうか。また、お薬の吸収を考えて、起床時に水で服用し、服用後30分は朝食をとらないことも大切だそうです。
2002年8月2日
30歳ではじめて受けた骨量測定。しかし、結果が60歳代と出てしまい・・・。
(ゆーママ さん)
今年30歳になり、初めて健康診断を受けました。診断項目が子宮ガンと乳がん検診だけで早く終り病院に来たついでにと思い骨量を測ってみました。結果は60歳代でかなり骨量が少ないと言われました。今こんな状態で閉経になってからどうなってしまうのか不安です。予防は食事や運動が必要だと聞きましたが他に何かありますか?私は26歳で続けて2人子供を出産しました。1人目を出産した後4ヶ月後に二人目を妊娠しました。産後身体が万全になる前に妊娠したので骨から栄養を取られたと思っているのですが、関係はありますか?腰痛やギックリ腰もよくおこします。これらも骨量が少ないのと関係はありますか?

●編集部より:出産と骨量の関係については「10代後半から30代の方の質問」に関連したQ&Aが掲載されています。ゆーママさんのご質問に対してもQ&Aページにてお答えしたいと思います。しばらくお待ちください。
2002年7月5日
行政関係による、病院での骨量測定器設置を熱望!
(雪 さん)
市の無料検診にて。市の広報誌の案内で”優秀”のお墨付き(でも、閉経後はいろいろと気を付けて下さいとの指導」でした。)今ではいろんな所に血圧測定器が設置されておりますが、自己測定器も開発活用されている時代柄、☆そろそろ骨量測定器を病院&行政関係での設置を熱望したいです。

●編集部より:今のところ、骨量測定は血圧測定ほど身近な存在ではないですね。誰でも気軽に、骨量測定で自己チェックするようになってほしい、と私たちも熱望します。
2002年7月5日
要注意と言われた一年半後。たまたま受けた骨量検査で改善のきざしが。
(akari777 さん)
第二子出産後に検査したところ、要注意といわれショックでした。その後いろいろ調べて錠剤でカルシウムと総合ビタミン剤を補給していました。それから一年半たって、たまたまスーパーでやっていた骨量検査を受けたところ、かなり良い状態(何でも1588という数値でした)に改善されており、とっても嬉しかったです。

●編集部より:日頃からの気をつけている成果が、数値に表れて改善を実感できると励みになりますね。おめでとうございます。
2002年6月7日
骨密度測定すると年相応の結果が。。。
(akari777 さん)
閉経期を迎え骨粗鬆症が心配になったので区役所の案内で骨密度を測定してもらったら年相応の結果で今後ますます気をつけようとおもいました。

●編集部より:食生活と軽い運動を心がけて、元気に年を重ねたいですね。
2002年5月10日
更年期症状と骨密度は密接な関係にあると知って。
(peko さん)
新聞で更年期障害の冶験の募集があり、応募したところ検査を受けることができ、それで骨密度が低いことがわかった。自分では全然考えられないことだったのでショックだった。でも、更年期症状と骨密度は密接な関係にあると知り、少しでも軽くなることができるならと努めて食品も考えるようになった。

●編集部より:自分の骨密度は測ってみなければわかりません。いつまでも若々しく元気でいるためには、はじめの一歩として自分のからだを知ることが大切なのかもしれませんね。
2002年5月10日
華奢ではないので、骨密度は良いと思っていたのですが・・・。
(ワガママおばさん さん)
自分では華奢なタイプの体型でないので骨密度は結構いいのではないかと思っていたのに実際にはかってみて標準ぎりぎりの辺りでチョッとショックを受けた。だからその後計っていない。骨密度って本当に正確に数値を表すのでしょうか。

●編集部より:自称華奢でないのに骨密度が低くてショックを受けた、同じことを編集部内でも耳にしました。骨量測定で本当に正確な数値がわかるのか、ドクターに聞いてみました。回答は、Q&A(全般的な質問)にてお伝えしています。
2002年2月8日
1年に1回は骨密度検査をし生活管理を!
(森 杏子さん)
骨密度測定によって体脂肪率とか骨密度年齢が判ります。その結果、食事の摂り方にも注意が向けられ、其の時だけでも、2~3日は、気を付けるものです。自身の体を管理するのは、とても大変なものです。主人や子供の事になると熱心に続くものですが、自身の事は、おろそかになり、気がつくと又、太ってしまったと嘆くばかりです。1年に1回は、骨密度検査をし、自身の栄養管理、生活管理をしたいものです。

●編集部より:主婦の方は、家族にとっては優秀な栄養士であるのに、ご自分のことは二の次、になりがちですよね。でも、ご家族の健康は主婦の方自身の健康によって支えられています。ハンドルネーム森 杏子さんのように1年に1度は、ぜひ健康管理、骨管理を。

後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai