骨粗鬆症

子供の骨を守る -6-

スリムな体型は骨には「?」

最近の子どもたちは、とてもスタイルが良くなりました。
現在の中高年の身長と子どもたちの身長は大きく違っています。ここ30年間で身長の伸びは6センチ以上にもなりますが、そのうち足の長さでほぼ5センチの伸び。つまり足が長くなって身長が伸びているわけです。

ところで、欧米では大腿骨頸部骨折は長いほど起こしやすいといわれています。現在の日本人は骨粗鬆症による骨折が欧米人より少ないといわれていますが、足の長い今の子どもたちが高齢になった時は、骨折のリスクも欧米なみに高まると考えられます。子どもの頃から粘りのある強い骨を育てることが将来のために大切です。


( 監修/時田章史先生:時田げんきクリニック )

協力:暮しの手帖社, 後援:日本骨粗鬆症学会 C yutakanahone-suishin-iinkai