骨粗鬆症

子供の骨を守る -1-

子どもの骨に危機がせまっている!

最近、子どもの骨折が増えているという話を聞きます。
事実、30年前とくらべると約2倍にもなっています。いったいなにが原因なのでしょう。
筋力や瞬発力などの運動能力の低下も一因ですが、栄養バランスの悪さからくる骨量の低下も見逃せません。カルシウムの摂取量は高学年になるほど不足しており、特に中・高校生の女性では望ましい所要量を大きく下回っています。


児童の骨折数

(『学校の管理下の災害 -基本統計-』5~18から抜粋
日本体育 ・学校健康センター発行)
成長期のカルシウム摂取量

(平成11年度国民栄養調査)


( 監修/時田章史先生:時田げんきクリニック )

協力:暮しの手帖社, 後援:日本骨粗鬆症学会 C yutakanahone-suishin-iinkai