骨粗鬆症

8. いままでに治療を受けた病気、治療中の病気がありますか?

骨粗鬆症は閉経に伴う女性ホルモンの減少や加齢によって発症するだけでなく、いろいろな病気や薬によっても骨量が減少することがあります。次のような病気や薬について聞かれます。

1) 糖尿病
2) 腎臓病
3) 肝臓病
4) 胃腸の手術
5) 甲状腺の病気
6) 婦人科の病気
7) 関節リウマチ
8) ステロイド剤の内服



(監修 / 林先生:原宿リハビリテーション病院 名誉院長)
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai