骨粗鬆症

「骨粗鬆症」ってどんな病気?

骨がスカスカになった状態が骨粗鬆症

骨粗鬆症で発生しやすい骨折 骨は細胞成分(骨芽細胞・破骨細胞など骨細胞)、骨ミネラル(主にカルシウムとリンからなる結晶)、ミネラルが沈着する基質(コラーゲンなどのたんぱく質)の3つの成分から成り立っています。この成分に変化がないまま、骨の新陳代謝のバランスがくずれて、骨吸収が骨形成を上回り、骨量が病的に減少し骨折しやすくなった状態が骨粗鬆症です。骨粗鬆症の「しょう」は「鬆」と書きますが、これは「す」とも読みます。粗は「あらい」という意味ですから、つまり私たちの骨が「す」のはいった大根のようにスカスカになってしまった状態を指しているわけです。


骨折しやすいのが骨粗鬆症の問題点


私たちの骨は20代から30代にかけてピークとなりますが、年齢とともに減少し、80歳くらいになると、若年時代に比べて男性で約30%、女性は約40%も骨量が減少するといわれます。骨量の減少自体は生理的なものですが20~30%も骨量が減少し、骨の微細な構造が壊れ、その結果として骨折しやすくなった状態が骨粗鬆症。

骨量の減少は他の病気が原因となることもありますが、多くは主に骨の中のミネラル成分が減少足することによって引き起こされます。初期にはほとんど自覚症状がなく、それ自体はあまり重篤な病気ではありませんが、骨折を起こすことにより、姿勢の変化をきたし内科的疾患(呼吸器、循環器、消化器疾患)にかかりやすくなったり、大腿骨頸部骨折から寝たきり状態となったり、ということが問題となっています。

(監修 / 和田誠基先生:武蔵藤沢セントラルクリニック 院長)
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai