関節痛〜ひざ・肩〜

変形性ひざ関節症の診断と検査

このように診断が行われます。

変形性ひざ関節症の診断は、次の手順で行われることが一般的です。

問 診 いつごろからどんな症状があるのか、現在何が1番困るのか、これまでにひざのけがの経験があるかなどを聞きます。
自分の症状や状態を的確に伝えるために、医師にかかる前に整理しておくことをおすすめします。
視診・触診 ひざ関節の曲げ伸ばしの具合、痛みの部位、腫脹、熱感の有無、関節の安定性をみます。さらに、下肢全体のかたちや歩く様子、筋肉の萎縮の状態などもみます。
レントゲン検査 レントゲン写真ひざ関節を構成する3つの骨(大腿骨、脛骨、膝蓋骨)の形や変形の程度を観察します。また、関節の隙間の開き具合から軟骨の磨耗の程度も推定します。変形性ひざ関節症の診断と病期(びょうき:進行の程度)はこのレントゲン検査より判断します。



このような検査が行われます。

場合によっては、次のような検査が行われます。

血液検査・関節液検査 ひざが痛む原因にほかの病気が考えられる場合などに行われます。これにより、関節リウマチなどと鑑別することができます。
MRI検査 MRI画像磁気を用いてひざの内部を映し出して、コンピューターで画像を作る検査です。レントゲンのように骨だけでなく、軟骨、靭帯、筋肉なども詳しくみることができます。


( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )

後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai