関節痛〜ひざ・肩〜

変形性ひざ関節症になりやすい人

変形性ひざ関節症の頻度
変形性ひざ関節症は年齢とともに増加します。一般の人を対象にした疫学調査では、60歳以上で女性の約40%、男性の約20%がレントゲン上、変形性ひざ関節症と診断されます。さらに、この割合は80歳代では女性で60%以上、男性でも50%近くに達します。そして、レントゲン上で変形性ひざ関節症の所見がある人のうち約20%にひざの痛みや腫れなどの自覚症状が見られます。また、どの年代でも女性の割合が男性に比べて1.5~2倍多くなっています。

変形性ひざ関節症の男女別、年齢別割合大森豪、古賀良生ほか 変形性ひざ関節症に対する疫学調査より


O脚で肥満傾向の女性は要注意

変形性ひざ関節症の発症・悪化要因について多くの研究が行われています。これまでのところ女性、肥満、O脚については変形性ひざ関節症との関係があると言われています。特に日本人ではもともとO脚の傾向があり、ひざの内側により負担がかかりやすくなるため、日本人の変形性ひざ関節症はその90%ちかくがひざの内側により強い変形が見られます。


関節症にかかりやすい人
( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )

後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai