関節痛〜ひざ・肩〜

ひざの痛みの原因は?

ひざの痛みをもたらす疾患としては、さまざまなものが考えられます。
変形性ひざ関節症は最も頻度が高く、中高年以上の方で諸因なくひざが痛む場合、変形性ひざ関節症がまず疑われます。 2つめには関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、3つめにはひざの周辺の骨折や、靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものが考えられます。さらに子供などでは、成長にともないひざの痛みが生ずることもあります。また、頻度は稀ですが、ひざの部分に発生した腫瘍が痛みの原因となることもあります。

まずは、早めに整形外科を受診しましょう。そして、きちんと原因を突き止め、病状を把握したうえで適切な治療を始めることが大切です。
( 監修 / 大森 豪 先生:新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 教授 )
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai