検査診療サーチ
最寄りの施設や診療機関を探してください。
※2010/3/31現在
掲載数4,008
骨量測定
骨粗鬆症の診療
関節痛の診療
さあ、今すぐチェック!
骨の健康度チェック
ひざの健康チェック
転びやすさ度チェック
転ばない住まいチェック
ロコモって知っていますか?
トップページ
サイトメニュー一覧
骨と関節に関する調査結果 編集後記 お知らせ リンク集 更年期を健やかに 関節と関節痛 コラム 転倒予防のために カルシウム料理 骨と関節のQ&A イベント・セミナー 専門用語辞典 richbone通信 サイトマップ 保健・医療・福祉関係者 骨と骨粗鬆症
健康に役立つイベント・セミナー
イベント・セミナー > イベントや講演会など > レポート

女性の変形性膝関節症 堀越万里子先生(高木病院副院長兼整形外科部長、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター整形外科講師)

変形性膝関節症とは?

変形性ひざ関節症とは、変形性ひざ関節症は整形外科で最も頻度の高い疾患の一つで、ひざ関節の軟骨が磨り減り、炎症や変形を生じて痛みなどが起こる病気です。

初期には、軽度の関節軟骨の磨耗が生じますが自覚的な症状はほとんどありません。軟骨の磨耗がある程度すすむと、ひざの曲げ伸ばしや立ち上がり、歩行時のひざにかかる負担の増したり、軟骨、半月板の変性が刺激となり関節炎が生じたりします。関節炎では、ひざを曲げ伸ばししたときの痛み(動作時痛)や曲げ伸ばしの制限(可動域制限)が生じます。また、関節液が多量に分泌されて関節に「みず」がたまること(関節水腫)もあります。

さらに軟骨の磨耗が進むと骨そのものの変形がみられます。この状態では、ひざを動かしたり、立って歩いたりするたびに骨同士が直接ぶつかり合うため、強い痛みを感じます。ひざの曲げ伸ばしも困難となるため、日常生活において大きな障害となります。

    次のページへ >>
骨と関節セミナー第二部『骨粗鬆症と変形性関節症』
 ・変形性ひざ関節症とは?
 ・変形性ひざ関節症になりやすい人
 ・変形性ひざ関節症と加齢の関係
 ・変形性ひざ関節症の影響
 ・変形性ひざ関節症の治療−保存療法・手術療法
 ・まとめ
後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai