Richboneの編集日記 | 2006年

2006年12月1日
寒さが本格的となり、師走のあわただしさを感じています。寒くなり、からだが縮こまりがちな季節でもありますので、転倒予防には十分ご注意ください。また、関節の痛みがでないよう、膝痛の運動療法など参考になさってくださいね。

2006年11月6日
7月から掲載しております運動レシピ。転ばないための簡単なエクササイズです。ストレッチング、筋肉増強に続いては太極拳を参考にしたリズム運動です。スローテンポな音楽ものにあわせて、ぜひ、実践してみてくださいね。

2006年10月6日
先日、娘のかかとと自分のつま先が接触し、激痛と共に床に崩れ落ちました。整形外科でレントゲン検査を受けると小さな骨折でした。骨には自信があったので、大ショック。育ち盛りの子供と骨量のピークを過ぎた者とでは、勝負にならないということでしょうか。これを期に自分の生活を丈夫な骨のための生活かどうか見直します。

2006年9月1日
涼しさを求めて今年の夏は水族館によく行きました。魚やイルカたちを見て、その無駄のない体型や動きに見とれながら、「きっと腰痛も関節痛もないんだろうなぁ」と考えていました。「腰痛は人が2本の足で歩き始めた宿命的な病気」とも言われますが、2足歩行の唯一の動物-ペンギンは大丈夫なのでしょうか。腰痛のペンギンは想像できませんね。

2006年8月4日
関節痛の疾患情報を掲載しました。膝関節に続き、いわゆる五十肩といわれる肩関節周囲炎いついてです。取材のなかで肩関節の構造をうかがい、人体の不思議というか絶妙な組み立て(?)に感心しました。

2006年7月7日
5月からすでに梅雨のような降雨があり、うっとうしい季節が続いています。たまに晴れた日には、いきなり真夏の日差しと蒸し暑さで、なんとも過ごしにくいですね。晴れの日には日よけの傘と水分補給をお忘れなく。

2006年6月7日
ご存知のとおり、メジャー・ヤンキースの松井選手が手首を骨折してしまいました。連続試合出場記録がストップし、活躍のニュースをきくことができないのは残念ですが、順調な回復はさすがですね。また、サッカーでは、ワールドカップの出場メンバーが発表になり、いよいよドイツでの本戦が始まろうとしています。選手の皆さん、勝利目指してがんばってください。そして睡眠不足を覚悟して、テレビに向かって精一杯、応援しましょう。

2006年5月8日
毎年この時期に、検査・診療施設にご登録の約3,800の医療機関に対して掲載情報の確認を依頼しています。掲載内容をご確認いただきました施設の関係者の方々、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。掲載施設の情報に誤りなど、皆様がお気づきの点がございましたら、richbone@ellesnet.co.jp までお知らせください。よろしくお願いいたします。

2006年4月7日
今年も桜の季節がやってきました。冬のあいだ、冷えから腰痛が悪化してしまいましたが、寒さが緩むとともに寝起きの腰痛も治まってきました。
縮こまったカラダをのびやかにほぐすために、今年のお花見は、花の下での宴会ではなく花のトンネルをくぐり、桜を愛でながらの散策となりました。

2006年3月3日
例年になく寒い冬となり、その寒さを腰痛という形で、毎朝実感することとなってしまいました。なにかヒントはないかと、当サイトの【解説】関節痛のページをみながら、入浴やカイロで温めつつ、最後は整形外科に駆け込みました。膝痛がお悩みの方にとってもこの冬は厳しかったとお察しします。受診がまだの方は、ぜひいちど整形外科にいらっしゃることをおすすめします。

2006年2月3日
骨粗鬆症の方にとっては転ばないことはたいへん重要なことです。転倒予防に関する情報を連載していきますので、ぜひご覧ください。もともとは医療者向けとして「メディカル朝日」に掲載した内容を一般の方向けに一部変更してあります。医療者関係者の方には原文の掲載がありますので、この機会にご覧ください。

2006年1月6日
新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
毎年なかなか実現できなかったことでしたが、今年は箱根駅伝を沿道で応援することができました。間近でみますと、選手は想像以上のスピードで通過していきました。その臨場感と沿道の興奮に酔いながら、健康のために、とバスに乗らずに歩いて帰路に着きました。
2006年が皆様にとっても健康で楽しい年となりますように。

後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai