骨と関節のQ&A・用語辞典

ステロイド剤

意味 炎症の症状を軽くしたり、アレルギーや自己免疫疾患などにも効果があります。広く使用されますが、副作用も強いことが知られています。例えば、腸管からのカルシウム吸収を妨げ、尿の中にカルシウムを出してしまう働きと骨を造る細胞(骨芽細胞)を弱めることにより骨が減少します。骨密度減少などの副作用があり、使用期間や使用量に注意が必要です。
関連ページ

ステロイド剤
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai