骨と関節のQ&A・用語辞典

腎性骨異栄養症(ROD)

意味 透析患者さんでは骨代謝に異常が生じることが多い。腎機能の低下により、腎臓で1,25Dがつくられなくなり、腸管からのカルシウム吸収低下、血清カルシウム低下を示した結果、副甲状腺ホルモン(PTH)が上昇してきます。これが、二次性副甲状腺機能亢進症でPTHがどんどん分泌してきます。骨量が減少したり骨折をおこします。骨吸収と骨形成のバランスがくずれ、骨量が減少し、これに伴って線維性骨炎が生じます。PTHが低すぎるために骨形成がおきず、無形性骨も話題になってきています。
関連ページ

腎性骨異栄養症(ROD)
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai