骨と関節のQ&A・用語辞典

サイトカイン

意味 リンパ球や単球のような血液細胞や骨芽細胞から分泌され、他の細胞の働きかけで免疫や骨をつくりなおす働きをする物質。破骨細胞の働きを高めるのはインターロイキン(IL-1、IL-6)、腫瘍壊死因子(TNF−α)などが知られている。結果的に骨量減少をおこします。
関連ページ

サイトカイン
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai