骨と関節のQ&A・用語辞典

光線療法

意味 赤外線をあてて局所の温度を上げる温熱療法の一種で、血流増加、鎮痛、筋肉の緊張緩和などの効果があります。

光線療法
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai