骨と関節のQ&A・用語辞典

カルシウム調節ホルモン

意味 血中カルシウム値を一定に保つためのホルモン。血中カルシウム値が上昇した場合には骨からカルシウムを溶け出すのを押させるカルシトニンが甲状腺から分泌されます。これにより活性型ビタミンDも合成がすすみ、腸管からのカルシウム吸収が上昇し、腎臓でのカルシウム再吸収が亢進します。

カルシウム調節ホルモン
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai