骨と関節のQ&A・用語辞典

活性型ビタミンD

意味 ビタミンDが肝臓や腎臓で代謝されて、活性型ビタミンDがつくられます。この形になってはじめて、腸管からのカルシウムの吸収を助け、カルシウム不足を解消します。副甲状腺ホルモンによっても腎臓を刺激し、活性型ビタミンDをつくるように働きかけます。
関連ページ

活性型ビタミンD
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai