骨と関節のQ&A・用語辞典

関節鏡視下手術

意味 医療用カメラ(内視鏡)で関節内を観察しながら、変成した半月板や軟骨、増生した滑膜や骨棘の処理を行う手術です。創(キズ)が小さく、手術後数日で歩行が可能で、早期に社会復帰ができます。ただし、効果の持続性が短い場合もあります。
関連ページ

関節鏡視下手術
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai