骨と関節のQ&A・用語辞典

肩峰下インピンジメント症候群

意味 腕を横に広げる動作により、肩の腱板と肩峰下滑液包(肩の関節の潤滑油をためる袋)は肩甲骨の上腕骨の間(烏口肩峰靭帯、肩峰と上腕骨頭の間)で挟まれてしまいます。このようなことが長期間続けられると腱板の慢性炎症と慢性肩峰下滑液包炎がおこる疾患です。
関連ページ

肩峰下インピンジメント症候群
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai