骨と関節のQ&A・用語辞典

免疫抑制剤

意味 免疫のはたらきを抑える薬で、移植時の拒絶反応を抑えるために使われるほか、生体反応の異常であるアレルギー反応、自己免疫疾患(慢性関節リウマチなどの膠原病)の治療にも使用します。
関連ページ

免疫抑制剤
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai