骨と関節のQ&A・用語辞典

原発性骨粗しょう症の診断基準

意味 日本骨代謝学会という骨の専門医が所属している学会で決められた診断方法です。骨のレントゲン写真と骨量によって正常、骨量減少、骨粗しょう症と診断されます。レントゲン写真は椎体(胸・背中の骨)、骨量は腰椎あるいはとう骨、第二中手骨、大腿骨、踵骨をはかり、若年成人平均値(YAM)と比較して診断します。
関連ページ

原発性骨粗しょう症の診断基準
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai