骨と関節のQ&A・用語辞典

二次性副甲状腺機能亢進症

意味 副甲状腺が腫大し、副甲状腺ホルモンが過剰に分泌される状態を副甲状腺機能亢進症といいます。低カルシウム血症に続いて副甲状腺ホルモンのい上昇、副甲状腺腫大が生じる場合を二次性副甲状腺機能亢進症といいます。
関連ページ

二次性副甲状腺機能亢進症
特別協賛:中外製薬株式会社,後援:日本骨粗鬆症学会 (C)yutakanahone-suishin-iinkai